日本ハムの“ビッグボス”新庄剛志監督(49)は9日、沖縄・国頭村での秋季キャンプ視察2日目を迎え、清宮幸太郎内野手を直接指導。ダイエットのススメを説いた。

 フリー打撃を終えた清宮を手招きして呼び寄せると、そのまま指導開始。ビートたけしの「コマネチ」のポーズのような動作で、股関節近辺の注意を促した様子。さらに清宮の脇腹付近も触りながら話をした。

 新庄監督「ちょっとデブじゃねえ?」

 清宮「痩せてしまったら打球が飛ばなくなるのが怖いので…」

 新庄「今もそんなに打球飛んでないじゃん。昔の方が、スリムでキレがあった。痩せた方がモテるし、スタイルのいい野球選手の方がいい」

 約1分間。清宮は少し恐縮した表情を見せながら聞き入っていた。

 新庄監督は報道陣に対しても「みんなも(清宮に)プレッシャーをかけて」と一体となって清宮スリム化計画を実施する意向。「弁当をよく食べるんですよ。新幹線の移動中に7個食べるのを3個にしてほしい」と要求していた。

デイリー



00017465


【新庄剛志監督、清宮幸太郎内野手にダイエットのススメ。清宮「痩せたら打球が飛ばなくなるかも…」新庄「今も飛んでないじゃん」】の続きを読む